東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

父親から切り付けか 千葉・4人死傷 容疑者は元市議

 千葉市稲毛区の居酒屋で十三日夜、家族四人が切り付けられ女児が死亡した事件で、千葉西署が殺人「未遂の疑いで現行犯逮捕した男が、隣に座っていた女児の父親に切り付けた後、斜め向かいに座っていた女児らを次々に襲ったとみられることが、捜査関係者への取材で分かった。

 千葉西署によると、死亡したのは同区の地方公務員の男性(44)の長女で幼稚園児高木彩友美(あゆみ)さん(6つ)。当初は小学生とみられたが入学前だった。また男性と妻(42)が重傷、次女(1つ)も軽傷を負った。

 千葉西署は妻に対する殺人未遂の疑いで、住所不詳、元千葉市議小田求(もとむ)容疑者(46)を逮捕。当初は意味不明な供述をしていたが、その後に切り付けを認めているという。署は動機や責任能力を調べるとともに、彩友美さんに対する殺人容疑でも捜査する。小田容疑者は二〇〇九年十月の千葉市議補選で初当選、一五年四月まで市議を務めた。

 彩友美さんが通っていた幼稚園の副園長の女性(43)は、「何でも一生懸命で、優しくていつもあいさつしてくれる良い子だった」とショックを受けていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報