東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新潟女児遺棄 殺害認める供述 小林容疑者「車で衝突」形跡なし

 新潟市西区の市立小針小二年大桃珠生(たまき)さん(7つ)が殺害された事件で、死体遺棄などの容疑で逮捕された会社員小林遼(はるか)容疑者(23)が、新潟西署捜査本部の調べに殺害も認める供述をしていることが十五日、捜査関係者への取材で分かった。

 大桃さんの死因は窒息で、首に絞められたような痕があった。捜査本部は、下校中に連れ去り、首を絞めて殺害後、車で遺体を遺棄現場まで運んだとみており、今後、殺人容疑でも本格的に取り調べる方針。

 小林容疑者は「車で女児にぶつかった」とも供述しているが、司法解剖で遺体に車による衝突の形跡はなかった。虚偽の説明の可能性もあり、捜査本部は慎重に裏付けを進めている。

 捜査関係者によると、事件のあった時間帯に現場付近を通った車両の絞り込みで小林容疑者を把握。車で女子中学生を連れ回した県青少年健全育成条例違反容疑で四月に同容疑者を書類送検していたことから、事件翌日には関与の疑いが浮上したという。

 逮捕容疑は今月七日午後十時二十分ごろ〜同十時半ごろ、新潟市西区青山水道のJR越後線の線路に、近くに住む大桃さんの遺体を遺棄し、列車にひかせたとされる。

 二人の自宅は百メートル余りのごく近い場所にあり、遺棄現場は小林容疑者宅から約七十メートルだった。

 同容疑者の勤務先の男性社長は当初、事件当日の七日に無断欠勤後、本人からメールが来たのは同日夕と説明していたが、八日に訂正した。

◆「はんにん見つかったよ」現場の近くに幼い字の手紙

 「けいさつの人がはんにんを見つけてくれたよ」。大桃珠生さんの遺体が見つかった新潟市西区の現場近くに十五日、幼い子どもが書いたとみられる手紙が供えられていた。珠生さんに容疑者逮捕を伝えている。

 JR越後線沿いの現場近くには事件後、有志による献花台が設置され、多くの花束やお菓子、飲み物が供えられている。十二日には幼い男児が書いた手紙が置かれ、「けいさつの人がぜったいはんにんみつけるからね」「はんにんがみつかったらまたてがみでおしえるね」と記されていた。

 手紙は、十二日の手紙と同じ男児が書いたとみられる。

 小さな花束を添えた手紙は同じ便せんで、「たまきちゃんへ けいさつの人がはんにんを見つけてくれたよ。あんしんしてねくるしかったね。たまきちゃんをずっとわすれないからね」と書かれていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報