東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

LGBT差別禁止を アムネスティ、法整備要請

 国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは十七日、LGBTなど性的少数者が、性的指向や性自認によって差別されることがないように求める、約四万五千人分の署名を内閣府に提出し、法務省に法整備を要請した。

 アムネスティは、日本では二〇二〇年東京五輪・パラリンピックを控えても、性的少数者の権利が国際基準を満たしていないとして昨年五月から一年間、世界各地の支部を通じ、差別禁止を訴える署名を集めた。フランスなど百十六カ国から寄せられ、日本では約四千八百人分が集まった。

 署名では、すべての人に平等な法的保護を保障すること、国際人権基準に沿った差別の定義を国内法でも導入し、あらゆる形の差別を禁止することを求めている。同性婚を認め、異性間の結婚と同等の権利を保障すること、公務員による偏見や差別的言動の是正に取り組むことを要請した。

 アムネスティ・インターナショナル日本の中川英明事務局長は提出後の会見で「すぐできることは実行し、時間が掛かることはじっくりとお願いしたい」と話した。同性パートナーシップの法的保障を求める全国ネットワークの池田宏共同代表は「性的少数者に関するルールもマナーも日本では確立しておらず、必要だ」と訴えた。 (神谷円香)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報