東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

大卒就職率、最高の98% 7年連続上昇

写真

 今春に大学を卒業し、就職を希望した人の就職率は四月一日時点で98・0%で、統計を始めた一九九七年春卒以降、過去最高を更新した。前年同期比0・4ポイント増で、七年連続の上昇となった。厚生労働省と文部科学省が十八日発表した。

 売り手市場を背景に大学生の就職希望者も75・3%と過去最高を更新。厚労省の担当者は「景気が回復基調にあることや企業の採用意欲が改善したことで、学生の希望に合う機会が増えた。各大学の就職支援強化も背景にあるのではないか」としている。

 就職を希望する高校生の就職率(三月三十一日現在)は、文科省の調査で98・1%(前年同期比0・1ポイント増)、八年連続の上昇となった。林芳正文科相は閣議後記者会見で「大学や高校とハローワークの連携が進んだことや、キャリア教育の推進も要因と考えている」と述べた。

 大学生の男女別では男子が97・5%、女子が98・6%だった。また、文系は98・2%で0・9ポイント増となった一方、理系は1・5ポイント減の97・2%。統計開始後初めて文系が理系を上回った。理系が下がった理由について厚労省担当者は「第一希望の企業で資格取得などが条件となっている場合、もう一年かかってでも入ろうとする学生が増えたのではないか」と分析している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報