東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

星由里子さん死去 映画「若大将」ヒロイン

写真

 映画「若大将」シリーズのヒロイン役などで人気を博した女優の星由里子(ほしゆりこ)(本名清水由里子(しみずゆりこ))さんが十六日、心房細動と肺がんのため死去した。七十四歳。東京都出身。葬儀・告別式は親族のみで営まれる。後日お別れの会を開く。

 一九五八年、東宝が募集した「ミス・シンデレラ娘」に選ばれて芸能界入りし、翌年には映画「すずかけの散歩道」で女優デビュー。加山雄三さん主演の映画「若大将」シリーズに加山さんの恋人役として出演し、清楚な美しさで人気を確立した。「モスラ対ゴジラ」などの怪獣映画や任〓(にんきょう)映画にも起用され、幅広い役柄を演じた。

 NHK連続テレビ小説「あぐり」やミステリードラマ「科捜研の女」など、テレビドラマでも活躍。「2時のワイドショー」では司会も務めた。映画「わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞、舞台「佐渡島他吉の生涯」で菊田一夫演劇賞などを受賞した。

 ◇ 

 星さんは一九九七年に本紙夕刊のコラム「放射線」を担当した。

※ 〓は、にんべんに夾

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報