東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

藤井七段に 最年少15歳9カ月 61年ぶり更新

昇段を決めた藤井聡太新七段=大阪市の関西将棋会館で(川北真三撮影)

写真

 将棋の最年少棋士藤井聡太六段(15)が十八日、大阪市の関西将棋会館であったタイトル戦、竜王戦の予選5組ランキング戦準決勝で船江恒平六段(31)に勝ち、決勝に進んだ。藤井六段は日本将棋連盟の規定を満たし、同日付で昇段。十五歳九カ月で七段になり、加藤一二三(ひふみ)・九段(78)が持っていた最年少記録(十七歳三カ月)を六十一年ぶりに塗り替えた。

 対局は、持ち時間各五時間の長丁場。船江六段が午後八時五十七分、七十二手までで投了した。

 藤井七段は、まだ四段だった二月一日、名人戦の予選に当たる順位戦のC級2組を突破し、規定により五段に昇段。同十七日には、全棋士が参加する朝日杯将棋オープン戦で優勝し、史上最年少で六段になった。

 今回は、「竜王ランキング戦で連続昇級」という規定を満たしての昇段。わずか四カ月で三つも段位を上げる驚異的なスピードだ。 (岡村淳司)

◆全力 昇段という形に

<藤井聡太新七段の話> ここまで速いペースで昇段できるとは思っていなかったが、目の前の一局に全力で打ち込んできたのが昇段という形で表れ、うれしく思います。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報