東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

成田離陸直前、全日空機で煙 8人体調不良訴え

機内に煙が入り込んだ全日空のボーイング767=21日午前、成田空港で

写真

 二十一日午前九時四十五分ごろ、成田空港に駐機していた香港行き全日空809便ボーイング767から煙が発生し、機内に入り込んで充満した。離陸直前だったため乗客乗員約百四十人が搭乗しており、ターミナルに避難した。男性五人、女性三人の乗客計八人が体調不良を訴えているが、いずれも症状は軽い。全日空によると、午後四時半に別の旅客機で再出発する。

 同社や国土交通省成田空港事務所によると、煙は機体後部の補助動力装置から出た。同装置のオイルが、何らかの故障により、エアコンを通して霧状となって機内に入ったとみられる。火災は確認されていない。同便は全日空グループのエアージャパンが運航している。

 出張で同機に乗っていた千葉県浦安市の男性会社員(54)は「嗅いだことがない異臭と白い煙が機内に充満した。せき込む人や泣き声を上げる小さい子どもがいた」と不安そうに話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報