東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

解剖乳児遺体にレジ袋 遺族が修復業者提訴

 兵庫県丹波市で昨年十月に生後五カ月で死亡し、司法解剖の後に引き渡された男児の遺体にコンビニのレジ袋がかぶせられていたことで精神的苦痛を受けたとして、男児の両親が二十一日、遺体を扱った神戸市の葬儀会社「平安」に対し、計二百二十万円の損害賠償を求めて神戸地裁に提訴した。

 訴状などによると、丹波市の自宅で昨年十月四日、会社員北野正己さん(40)の次男正弥(しょうや)ちゃんが死亡。司法解剖を終えた翌五日に丹波署で両親が遺体を引き取り、自宅で頭部の包帯やテープを取るとレジ袋がかぶせられていた。

 県警から委託された葬儀会社が遺体を修復しており、両親に対し、平安の担当者は「体液が漏れ出すことを防ぐ目的だった」と説明したという。丹波署は正弥ちゃん死亡に事件性はなく、突然死の疑いと判断した。

 提訴後に記者会見した母恵さん(36)は「葬儀業者全体で同じ事が起きてるのではないかと思い、提訴を決意した。処置や作業を考え直してほしい」と訴えた。平安は提訴について「コメントは差し控えたい」としている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報