東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

登山家の栗城さん死亡 エベレスト断念し下山中

栗城史多さん

写真

 【ニューデリー=共同】世界最高峰エベレスト(八、八四八メートル)登頂を目指していた登山家の栗城史多(くりきのぶかず)さん(35)=北海道今金(いまかね)町出身=の事務所は二十一日、栗城さんが遺体で発見されたと明らかにした。ネパール山岳関係者によると、登頂をいったん断念し、下山する途中で遭難、死亡したという。死因など詳しい状況は不明。

 事務所によると、栗城さんは二〇〇四年の北米デナリ(旧称マッキンリー)を皮切りに六大陸の最高峰を制覇。〇九年からエベレスト登頂に挑戦したが、いずれも失敗した。一二年の挑戦では凍傷で手の指九本の大部分を失った。

 今回は八回目の挑戦で、自身のフェイスブックで栗城さんは十二日にエベレストのベースキャンプを出発したと投稿。「苦しみも困難も感じ、感謝しながら、登ってます」と伝えた後の二十一日「体調が悪く、七千四百メートル地点から下山することになりました」と報告していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報