東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

アメフット反則 負傷選手側が被害届

被害届提出について会見で厳しい表情を見せる負傷した関学大アメフット選手の父、奥野康俊さん=21日、大阪市内で

写真

 アメリカンフットボールの定期戦での悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた日本大の選手が二十二日に東京都内で記者会見することになった。日大選手の代理人が二十一日、発表した。関係者によると、選手は内田正人前監督(十九日付で辞任届受理)とコーチの指示に従って危険なタックルをしたと説明する考えで、日大や内田前監督の主張と大きく食い違う形になる。 

 この選手は六日の試合で、パスを投じた後で無防備だった関学大クオーターバックに背後から激しくタックルした。内田前監督は十九日に辞任を表明したが、タックルを指示したか言及を避けた。日大広報部は、内田前監督が学内の調査に「違反をしろと言っていない」と述べたとしており、十五日付の関学大への回答書では「指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きたことが問題の本質」とした。詳細な経緯は二十四日をめどに再回答する。

 一方、負傷した関学大選手の父親で大阪市議の奥野康俊さんは二十一日、大阪府警池田署に被害届を提出。大阪市内で会見し、日大の内田前監督の説明で「真実を聞くことができなかった」と理由を説明した。

 奥野さんは「加害者がなぜあそこまで追い込まれたのか。監督の会見で一言いただきたかった」と話した。日大の対応次第では告訴する意向も示した。被害届の加害行為の対象は選手だけで、前監督らは入れていないという。

 この問題は今後、警視庁が捜査する見通し。反則行為は映像で記録されており、前監督らによる指示の有無が焦点になる。

 また、日大は原因究明のため、第三者委員会を設置して調査すると発表した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報