東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

世田谷一家殺害「当時15〜20歳代 やせ形男」 警視庁 遺留品情報を追加

世田谷一家殺人事件で、現場に残されていたマフラーとヒップバッグのレプリカ(手前)=22日、警視庁で

写真

 東京都世田谷区上祖師谷三の住宅で二〇〇〇年十二月、会社員宮沢みきおさん=当時(44)=一家四人が殺害された事件で、警視庁は二十二日、現場に残っていたヒップバッグとマフラーなどから、「犯行時、十五歳〜二十歳代で、やせ形の男」とする新たな犯人像を示した。現在三十二〜四十七歳の世代を中心に情報提供を呼び掛けている。 (木原育子)

 警視庁によると、ヒップバッグとマフラーは使い古され、日常的に使われていた可能性が高い。バッグ内に付着した蛍光ペンの塗料や成人用としては短いサイズのマフラーなどから、犯人が少年時代などから長年使っていたとみて年齢層を絞り込んだ。

 ヒップバッグのベルトの長さから、腰回りは七〇〜七五センチのやせ形とみている。ヒップバッグは三十五都道府県で販売されていることが判明。大阪の業者が一九九五年九月〜九九年一月、二千八百五十個製造し、販売価格は二千九百円。カーキ色で、五百ミリリットルのペットボトルが七本まで入る大きさという。

 内側の底に「ベーシックレッド」と呼ばれる赤色の塗料が付着。蛍光ペンやボールペンで使われる塗料で「バッグを学生時代に使っていた可能性がある」と推測している。

 マフラーは長さ百三十センチ。同じくらいの身長の子どもがよく使うもので、毛玉や傷みから「相当な期間使っていた」と見立てた。販売元は分かっていない。

 警視庁はこれまで、十四都道府県の四十一店で限定的に販売されていた長袖シャツ(ラグラントレーナー)を中心に情報提供を呼び掛けていた。警視庁によると、これまで寄せられた情報は一万三千九十四件。ヒップバッグとマフラーの情報は少ないという。

 警視庁は、ヒップバッグとマフラーの詳細をホームページで公表。警視庁捜査一課の井出学管理官は「九五〜二〇〇〇年ぐらいの卒業アルバムやスナップ写真を見て、同じ物を身に着けている人がいないか見てほしい」と呼び掛けている。情報提供は成城署捜査本部=電03(3482)3829=へ。

<世田谷一家4人殺害事件> 2000年12月31日午前、東京都世田谷区上祖師谷3の会社員宮沢みきおさん=当時(44)=宅で、宮沢さんと妻泰子さん=同(41)、長女にいなちゃん=同(8つ)、長男礼ちゃん=同(6つ)=が殺害されているのが見つかった。犯人が食べ残したアイスクリームのカップ、脱ぎ捨てたトレーナーなど、現場には多くの遺留物があった。前日の深夜の犯行とされ、現場からは指紋やDNA型も検出。宮沢さんのパソコンが使われた形跡から、逃走は翌朝とみられていたが、誤作動の疑いが浮上し、未明の時間帯に立ち去ったとの見方が強まっている。解決につながる情報提供者への懸賞金は2000万円。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報