東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

メディア発#MeToo 社内被害4割 「セクハラ考える会」調査

写真

 前財務事務次官のセクハラ問題を受けて設立した「メディアにおけるセクハラを考える会」が二十一日、メディア業界でのセクハラ実態調査結果を発表した。社内での被害が40%と最も多く、次いで加害者が警察・検察が12%、国会議員ら政治関係が11%だった。

 四月下旬にインターネットで調査し、三十五人が百五十事例を寄せた。新人の時に上司から「最後にどういうセックスをしたのか」としつこく聞かれた事例など、組織内でセクハラが横行する実態が明らかになった。性犯罪を取り締まる立場の警察の幹部から「風呂に入らないとあそこが臭くなる」などと性的な話を毎日され、うつ病を発症して退社した女性記者もいた。

 同会代表の谷口真由美・大阪国際大准教授=写真(中)=は都内で開いた記者会見で「メディア内部で声を上げられるようにすることが、一般の人も声を出せる社会への一歩になる」と指摘。「セクハラ罪という罪はない」と閣議決定をする現状で「今の日本社会に必要なのは道徳教育ではなく人権教育だと感じる」と訴えた。 (出田阿生)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報