東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

狛江市長、セクハラ明確に認めず 辞職表明「混乱に責任」

記者会見で辞職の意向を表明する東京都狛江市の高橋都彦市長=23日午前、狛江市役所で

写真

 複数の女性職員へのセクハラ行為が確認されたとして、副市長から進退の判断を迫られていた東京都狛江市の高橋都彦(くにひこ)市長(66)は二十三日午前、市役所で記者会見し、「市政をこれ以上混乱させないために、責任を取る」と述べ、正式に辞職を表明した。時期については、二週間以内に支援者と相談して決めるという。

 やや疲れた表情で会見に臨んだ高橋市長は「今でもセクハラをしたという認識はないが、女性たちが実名で声を上げたということを重く受け止め、申し訳なく思う」と語った。

 セクハラ行為を認めたのかという質問に対し、「個別の行為について一つ一つ申し上げないが、相手がセクハラと受け止めたのであれば、総体としてセクハラと認める」と発言。一方で「手を握ったのは認めるが、お尻を触ったり、私的なメールを送ったりした記憶はない」などと話し、被害者と認識の違いがあると繰り返した。

 水野穣(みのる)副市長は、取材に「セクハラを明確に認めなかったのは残念だが、職員に謝罪したいと言ってくれたのは一定の誠実さだと思う。しかし、遅過ぎた」と語った。

 疑惑が浮上した三月以降、高橋市長は一貫してセクハラ行為を否定してきたが、被害者の女性職員四人から実名の抗議文が提出された二十二日夕に、一転して辞意を示した。会見では、二十三日中に四人に謝罪したいという考えも示した。

 高橋市長は都庁職員や都公園協会理事長を経て二〇一二年六月に初当選し二期目。市選挙管理委員会に辞職が通知されてから五十日以内に市長選が行われる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報