東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

選手反則は「想定外」 日大前監督ら会見

 ケガをさせろという指示は本当になかったのか−。アメリカンフットボールの定期戦で日本大の宮川泰介選手が関西学院大の選手に危険なタックルをした問題で、日大の内田正人前監督と井上奨(つとむ)コーチは二十三日夜になって、急きょ記者会見をした。そろって神妙な面持ちで陳謝したが、「(宮川選手は)目の前が見えなくなったのかなと」と述べるなど、反則行為は選手自身による想定外の判断だったと強調した。 (池田悌一、加藤健太)

 緊急会見は二十三日夜になって突然決まった。内田前監督と井上コーチは予定時刻の午後八時、約二百人の報道陣が待ち構える中、黒のスーツ姿で日大本部(東京都千代田区)の会見場に現れた。

 内田前監督は冒頭、目をしばたたかせながら「ケガをされた選手、誠に申し訳ありませんでした。宮川君に対しても、指導者として申し訳なかった」と硬い表情で語り、井上コーチは張りのある声で「この件は私の未熟な指導によって起こった」と謝罪。二人は数秒間、頭を下げた。

 だが、記者から反則行為を指示したのか問われると、内田前監督は「信じていただけないだろうが、私の指示ではない」と明言。井上コーチも「宮川選手に『相手のクオーターバック(QB)をつぶしてこい』と言ったのは真実だが、『ケガをさせてこい』と指示はしていない」と否定した。

 しかし、宮川選手は二十二日の会見で、井上コーチから監督が「相手のQBを一プレー目でつぶせば(試合に)出してやる」と言っていると聞かされ、「ケガをさせろという意味でしか捉えられなかった」と証言している。

 井上コーチは身ぶり手ぶりを交えて「ケガをしていいと思ったことは一度もない。『思い切りスタートしろ』とか『最初から闘志を出していけ』とか、いろんな意味を込めて『つぶしてこい』と過激なことを言った」と強調。「とんでもないプレッシャーを受け、目の前が見えなくなったのかなと思っている。ああいう形は想定していなかった」とも述べた。

 内田前監督は「ボールを追っていたので、ビデオを見るまで、どのような反則か分からなかった」と釈明。「僕はルールの中ですべて行うべきだと考えている。まさか、ああいうことになってしまうとは。予測できなかった」と想定外だったと強調した。

 宮川選手側から相手選手に謝罪をしたいという話があったのに、止めたことについては「文書でやっていくと思っていた。他意はない」と説明した。

 会見が二時間近くに差しかかると、司会の大学関係者が「もう十分だ。きりがない」と一方的に打ち切ろうとしたが、報道陣が抗議して続行された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報