東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

負傷選手の父、前監督処分求め嘆願も 日大アメフット反則問題

 アメリカンフットボールの悪質な反則行為の問題で、日本大アメフット部の内田正人前監督らの緊急記者会見を受け、負傷した関西学院大の選手の父親で大阪市議の奥野康俊さんは二十四日、自身のフェイスブックに「前監督は一切の関与を否定。これでは(タックルした)宮川泰介選手がかわいそうでなりません」とのコメントを投稿した。

 内田前監督や井上奨(つとむ)コーチは二十三日の会見で、悪質な反則行為への指示や関与を否定しており、宮川選手の言い分と食い違っている。投稿では「指導者二人に対して、体の震えが止まらない。内田前監督と井上コーチに対する厳重処分の嘆願書を出そうと思う」とし、二人の関与を裏付けるため、試合当日の動画や写真の提供を呼び掛けた。

 さらに「残りの人生をかけ、とことんこの問題に向き合う覚悟」として、任期満了後は市議選に立候補しない意向を明らかにした。

 負傷選手側は大阪府警に被害届を提出、受理され、移送先の警視庁が傷害容疑を視野に捜査を始めている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報