東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

複数選手「指示あった」 日大アメフット部父母会 前監督ら会見に憤り

日大アメフット部の問題を受け記者会見する父母会の会長(左)と副会長=24日、東京都港区で

写真

 日本大の選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で、日大アメリカンフットボール部の選手の保護者でつくる父母会は二十四日、反則行為について内田正人前監督らから「指示があったと聞いている」と明らかにした。内田前監督と井上奨(つとむ)コーチから指示があったとする宮川泰介選手と、前監督らとの言い分が食い違っていたが、保護者らの証言で前監督ら側の説明への疑念が強まった。 (木原育子、内田淳二)

 父母会は同日夜、「大学にはもう任せておけない」として緊急理事会を開き、約百十人が出席した。会合後に会見した父母会長は、二十三日夜に開かれた前監督らの会見について、「憤りを覚えた。宮川選手の発言が正しいと思った」と強調。反則プレーが誰の指示かは「聞いていない」としたが、自身の息子や複数の保護者から「指示があったと聞いている」と明言した。

 内田前監督らについて「(会見で)責任を取ってもらいたかった」と語った。

 選手らは「どうしていいのか分からない」と大学側の一連の対応に不安の声を上げているといい、父母会は全面支援する方針。

 また会長は宮川選手について「父母会としても守ってあげられなくて申し訳ない。戻る意思がないということだが、戻ってこられるような環境をつくってあげたい。それに尽きる」と語った。

 関西学院大学に対しても「(父母会としても)心よりおわびしたい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報