東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

加計側コメント「首相面会なかったのに担当者が県へ虚偽情報」

 学校法人「加計学園」の獣医学部開設を巡り、学園は二十六日、愛媛県の文書に記載された安倍晋三首相と加計孝太郎理事長の面会について「当時の担当者が実際にはなかった面会を引き合いに出し、県と(今治)市に誤った情報を与えてしまったように思う」とのコメントを発表した。

 コメントでは「当時、獣医学部設置の動きが一時停滞していた時期であり、何らかの打開策を探していた」と指摘。担当者がこうした発言をした理由について、構造改革特区から国家戦略特区を用いた申請に切り替えれば、停滞していた獣医学部開設に活路を見いだせると思ったためだと説明している。二十一日に県が参院に提出した新文書には、学園関係者からの報告として、首相と加計氏が二〇一五年二月二十五日に面会した内容が記載されていた。

 ◇ 

 共産党の小池晃書記局長は二十六日、加計学園のコメントについて「安倍首相をかばうために、想像を絶する言い訳をしているとみられる。開いた口がふさがらない」と共同通信の取材に語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報