東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

道にロープ バイク男性けが 川崎、殺人未遂容疑で男逮捕

車道にロープが張られた現場。手前のポール(右)から、道路反対側のポールまでロープをかけたとみられる=28日、川崎市川崎区で

写真

 川崎市の県道の両側にロープを渡し、バイクで通行した男性を殺害しようとしたとして、川崎署は二十七日、殺人未遂の疑いで、同市川崎区新川通、無職大城勝男容疑者(52)を現行犯逮捕した。署によると大城容疑者は「ロープは張ったが、殺そうとは思っていなかった」と殺意を否認している。

 逮捕容疑では、大城容疑者は同日午後七時半ごろ、同区東田町の国道15号と交わる県道(幅二十一メートル)の両側に太さ一センチのロープを渡し、国道からバイクで右折してきた千葉県船橋市の団体職員(29)を殺害しようとしたとされる。男性はロープに引っ掛かって停車し、頸椎(けいつい)捻挫で一週間のけが。

 現場は片側三車線で、ロープは、県道両側の歩道橋上り口のポールに結び付ける形で、高さ一・五メートルの部分に張られていた。大城容疑者は男性と面識はなく「車を止めたかった」と供述しているという。

 現場はJR川崎駅から東に七百メートルで、近くに川崎市役所や川崎区役所がある市中心部。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報