東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

同級生の謝罪、学校制止 熊本高3自殺「時期が不適切」

 熊本県北部の県立高三年の女子生徒(17)がいじめをほのめかす内容の遺書を記して自殺した問題で、同級生の一人が遺族への謝罪を申し出たが、時期が不適切であることを理由に学校側が思いとどまらせていたことが、学校側への取材で分かった。

 同県教育委員会は「学校から詳しい報告を受けておらず、事実確認を進めている」としており、専門家らによる第三者委員会を設けて調査する方針。

 教頭は取材に「謝罪自体を止めたわけではない」と述べるにとどめた。

 女子生徒は十八日未明に死亡。学校側は二十七日夜、非公開で保護者説明会を開いた。謝罪制止の事実や理由を問う参加者に「女子生徒が亡くなった直後。まだ適切な時期ではない」と答えたという。

 女子生徒の母親(45)は「謝罪の申し出が止められたのが本当なら、いじめがもみ消されていくように思う。事実を知りたい」と声を落とした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報