東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

内田氏恐れコーチ盲従 関東学連会見「干すぞ」選手に圧力

関東学生アメリカンフットボール連盟の臨時理事会を終え、記者会見する柿沢優二理事長。左は森本啓司専務理事=29日、東京都中央区八重洲で

写真

 日本大アメリカンフットボール部選手の悪質な反則問題で、関東学連は監督側から反則指示があったと判断し、指導者らとチームに重い処分を下した。警視庁は、大学関係者からの聴取を開始。今後の捜査では、反則指示があったことの立証が鍵となる。 

 壮絶なパワーハラスメントの実態が浮き彫りになり、関東学連の柿沢優二理事長らは硬い表情のままだった。問題の調査に当たった規律委員会は内田正人前監督と井上奨(つとむ)前コーチの説明に対し「不自然な点が多い」と指摘。一方、反則行為を指示されたと主張する宮川泰介選手については「(関係者の聞き取り調査結果と)ほぼ一致する」とし、選手への反則指示を否定した両氏の主張を「虚偽と判断した」と退けた。

 記者会見した規律委員長の森本啓司専務理事は今回の問題の背景を巡り、監督やコーチからの指示があったかなかったかなどの焦点について検証結果を明らかにした。

 まず井上前コーチの「QB(クオーターバック)をつぶせ」という発言について、「思い切りプレーしろという意図」とした井上氏の主張を「思い切りプレーするのは当たり前。三年のレギュラー選手にわざわざ指示するのは不自然」と指摘。「けがをさせろという意味だった」と認定した。

 内田前監督が一貫して否定している反則行為の指示には、「監督の言うとおりにやった」というチームメートの発言や反則後に宮川選手を交代させるなどしなかった点に注目。内田氏から「やらないと意味ないよ」と言われたという宮川選手の説明にも具体的で迫真性があるとした一方、内田氏の説明は不自然で信用性に欠けると指摘。内田氏による反則指示があったと認定した。

 またボールを見ていて反則行為の瞬間を見ていなかったという内田氏の主張にも「映像で宮川選手を見ていたことが確認できた」とし、虚偽と判断。また井上氏に対しては「内田氏を守ろうとしている」と糾弾した。

 一方、森本氏は問題の背景として、日大アメリカンフットボール部の組織体制にも言及。「コーチは皆、内田氏を恐れ、盲従(もうじゅう)した」「内田氏が日大の常務理事で何も言えない状況だった」「選手がもの申すことはありえない」などと指摘し、昨年に内田氏が監督に復帰すると「約二十人の選手が部を去った」とも述べた。

 内田氏が「結果を出さなければ干すぞ」と選手に圧力をかけ、選手の間では「はまる」と表現されていた日常的なパワーハラスメントの実態も明らかにした。 (唐沢裕亮、三輪喜人)

◆反則指示の立証焦点 警視庁

 日本大アメリカンフットボール部の選手による悪質な反則問題で、警視庁調布署員が二十八日に日大の施設を訪れ、関係者から聞き取りをしていたことが、捜査関係者への取材で分かった。

 内田正人前監督や井上奨前コーチからの反則指示の有無を立証できるかどうかが、捜査の焦点となる。日大選手と内田前監督らの言い分が食い違っており、警視庁は今後、内田前監督らからも事情を聴き、選手が反則に至った詳しい経緯を調べる。スポーツ試合中の行為は、ルールに基づく限り正当な行為として違法性を問われないが、ルールを大きく逸脱し、ケガをさせるための行為なら傷害罪が成立する可能性がある。

 捜査幹部は「試合中の行為を立件した例は、ほとんどない」と明かす。警視庁は試合の映像を分析したうえで関係者から事情を聴き、傷害容疑での立件の可否を検討する。

 反則を巡っては、関西学院大の被害選手側が大阪府警に被害届を提出。日大と関学大の定期戦が行われ、反則があった東京都調布市の会場を管轄する調布署に届が移されていた。 (土門哲雄)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報