東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

60年ぶり新種アメンボ 長崎 高3グループ発見

新種のアメンボを発見し、標本と論文を持つ長崎県立長崎西高生物部の(左から)桃坂瞳さん、朝鍋遥さん、平野安樹子さん=長崎市で

写真

 長崎県立長崎西高生物部の女子高生三人が、新種のアメンボを発見した。専門家によると、新種発見は六十年ぶりという。五月初めには研究成果が国際学術誌に載った。きっかけは、素朴な「なぜ」との疑問。専門家も驚く快挙に三人は「図鑑に載るのが楽しみ」と期待している。

 三人はいずれも同高三年の朝鍋遥さん(18)と平野安樹子さん(17)、桃坂瞳さん(17)。昨年六月、県中央部の大村湾で生物部のフィールドワークをした際、淡水ではよく見られる細長い胴体のアメンボを見つけた。「なぜ、海にこの個体がいるのか」。好奇心に駆られ、実態研究に着手した。

 以来、現地に通うこと五十回超。三百体以上を集めて特徴を調べ、触角などが他の種とは異なることから新種と確認された。雄と雌の平均体長がそれぞれ十二ミリ、十五ミリであることも突き止めた。

 アメンボに詳しいアメリカ自然史博物館の安永智秀研究協力員(54)は「専門家の間で変わったアメンボがいるとのうわさはあったが、新種だったとは」と脱帽する。三人は「ナガサキアメンボ」と命名し、安永氏が成果を論文にまとめた。

 作った標本は海外の博物館などで保管や展示を予定している。朝鍋さんは「一つのことを突き詰める楽しさを学んだ」と誇らしげに語った。

ナガサキアメンボ=安永智秀研究協力員提供

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報