東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

14年前の女児殺害容疑 逮捕 39歳男関与認める

岡山刑務所を出る、勝田州彦容疑者を乗せたとみられる車=30日午前、岡山市で

写真

 岡山県津山市で二〇〇四年九月、同市立北小三年筒塩侑子(つつしおゆきこ)さん=当時(9つ)=が殺害された事件で、岡山県警は三十日、殺人容疑で、別事件で服役中の無職勝田州彦(くにひこ)容疑者(39)を逮捕した。県警によると、首を絞めたことは認めているが、殺意や刃物で刺したことは否認している。侑子さんとは面識がなかったといい、県警は動機や経緯などの全容解明を進める。

 県警は三十日、勝田容疑者を服役している岡山刑務所から県警本部の留置施設に移送するとともに、兵庫県加古川市にある実家を家宅捜索した。

 逮捕容疑は〇四年九月三日午後三時十五分ごろから三十五分ごろの間、津山市総社の侑子さんの自宅一階で、侑子さんの首を絞めて、刃物で胸腹部を複数回突き刺し、窒息および失血により殺害したとされる。

 県警は津山署に捜査本部を設置。これまでに捜査員延べ六万三千人を投入し、不審者の似顔絵を作成するなどして捜査してきた。捜査範囲を広げ、隣接する兵庫県警と情報交換。児童や生徒を対象とした類似の手口による事件を精査した結果、勝田容疑者が浮上し、昨年九月から事情を聴いていた。凶器は鋭利な刃物とみているが、まだ発見されていない。

 勝田容疑者は一五年五月、兵庫県姫路市の路上で面識のない中学三年の女子生徒の腹などをナイフで刺し重傷を負わせたとして、殺人未遂容疑で兵庫県警が逮捕。一六年に大阪高裁が懲役十年の判決を言い渡し、その後確定した。

 侑子さんの親族は岡山県警を通じ「命を奪った犯人を到底許す気持ちはありません。警察の捜査によって、事件の真実が解明されることを期待したいと思っております」とするコメントを出した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報