東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

虚偽面会報告「はっきり覚えていない」 加計事務局長が県と市に謝罪

報道陣に囲まれる渡辺良人事務局長=31日、愛媛県庁で

写真

 愛媛県今治市に開設した学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部を巡り、学園の渡辺良人事務局長が三十一日、愛媛県庁と今治市役所を訪れ、安倍晋三首相と加計孝太郎理事長が二〇一五年二月に面会したと伝えていたのは虚偽だったとして謝罪した。

 渡辺氏は、二人が面会したとする県の新文書の記載について、報道陣に対し「三年前のことではっきり覚えていないが、県と市に報告に訪れたメンバーを考えると、(面会したと)言うのは自分しかいない」と語った。面会で安倍首相が「新しい獣医大学の考えはいいね」と発言したとの記載については、「自分が言ったことになるが、そこまでは覚えていない」と述べた。

 午前中渡辺氏が訪問した県庁では、海外出張中の中村時広知事に代わって応対した西本牧史企画振興部長が「県に誤った情報を伝えていたというのは非常に重大だ」と苦言。午後訪れた市役所では、越智博副市長が「一緒に取り組んできた私たちにとって大変遺憾で残念」と述べた。

 学園は二十六日、報道機関にファクスで「県と市に誤った情報を与えてしまった」と県文書に記された二人の面会を否定していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報