東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

豊洲観光拠点、五輪後着工 解約方針一転で都が仮設施設整備へ

 豊洲市場(東京都江東区)に整備する観光拠点「千客万来施設」の着工見通しが立っていない問題で、都は三十一日、事業者の「万葉倶楽部(くらぶ)」(神奈川県小田原市)が二〇二〇年東京五輪・パラリンピック後に着工し、それまでは都が仮設のにぎわい施設を整備する方針を決めた。

 都は同社との協定を解約する方向で最終調整に入っていたが、暗礁に乗り上げていた観光拠点が、一転して実現に向けて動きだす可能性が高まった。

 小池百合子知事や同社の高橋弘会長の説明によると、三十日夜に小池知事と高橋会長が会談し、小池知事が謝罪。高橋会長が五輪後の着工を提案し、小池知事が受け入れた。万葉倶楽部側には、五輪に伴う建設需要の高まりが一段落し、建設費用の抑制が見込めること、都側には早期ににぎわい施設をオープンできることなど、双方にメリットがあるとみられる。

 三十一日、小池知事は報道陣に「基本方針はまとまった」と説明。仮設のにぎわい施設について「食の発信地の役割を担わせたい」と述べたが、具体像の検討はこれからという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報