東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

内田氏、常務理事も辞任 アメフット反則 日大、第三者委設置

内田前監督

写真

 日本大は一日、アメリカンフットボール部の悪質な反則問題で、内田正人前監督が法人の常務理事と理事の役職を五月三十日付で辞任したと発表した。本人から「学内外に多大な迷惑をかけた」と申し出があり、一日の理事会で了承された。理事会では、問題の真相究明にあたる第三者委員会の設置も決定した。設置は三十一日付。

 内田前監督は、職員としての身分は残り、自宅待機を命じられている。人事部長と運動部を統括する保健体育審議会局長の肩書はそのままで、業務は別の職員が代行している。

 第三者委は、委員長を元広島高検検事長の勝丸充啓弁護士が務め、ほか六人の弁護士で構成。七月下旬までに結果を報告する。

 理事会では、田中英寿理事長が、対応の遅れなどを謝罪したという。

 日大の大塚吉兵衛学長らは一日、文部科学省で同省やスポーツ庁担当者らと面会し、理事会の決定などを報告した。

 この問題を巡っては、関西学院大の被害選手側が大阪府警に被害届を提出していたが、危険タックルをした日大の宮川泰介選手との間で示談が成立した。 (柏崎智子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報