東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

外環道 三郷南−高谷開通 物流、観光に効果期待

写真

 東京外郭環状道路(外環道)のうち、埼玉県の三郷南インターチェンジ(IC)−千葉県の高谷ジャンクション(JCT)が完成し二日、記念式典が開かれた。一般車両の通行は午後四時から。外環道はこれで六割が完成、都心を通らず千葉湾岸部と埼玉、北関東を往来できるようになり、物流の効率化、観光促進が期待されている。

 式典は千葉県市川市で開かれ、石井啓一国土交通相が「渋滞緩和や利便性・生産性の向上、観光交流の促進など効果は首都圏に広く及ぶ。道路ネットワークの整備は社会経済活動を支える大きな役割を担っている」とあいさつした。

 外環道は東京都心から半径十五キロをつなぐ延長八十五キロで、今回の開通区間は一五・五キロ。千葉湾岸部と関越道や東北道、常磐道間の移動が便利になる。湾岸部には東京ディズニーリゾート、幕張メッセ、大型ショッピングセンターなど人気施設も多く、北関東方面からの集客につながりそうだ。

 外環道のうち未完成は東京都の大泉JCT−東名JCT。工事が難しく、開通は二〇二〇年東京五輪・パラリンピック後になる見込み。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報