東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

松戸女児殺害 検察、犯行の計画性主張 被告「全て架空、捏造」

小3女児殺害事件の初公判に臨む渋谷恭正被告=イラストと構成・勝山展年

写真

 昨年三月に千葉県松戸市立小学校三年でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9つ)=が殺害された事件の裁判員裁判初公判が四日、千葉地裁であった。検察側が証拠を示しながら、殺人などの罪に問われた同小の元保護者会長渋谷恭正(やすまさ)被告(47)の計画的犯行を指摘したのに対し、無罪を主張する弁護側は、車内に付着していた血液などのDNA型鑑定の信用性を疑問視するなど、双方が主張をぶつけ合った。

 検察側は四日午後の公判で、リンさんが行方不明になった昨年三月二十四日の前日、渋谷被告が一緒に通学路の見守り活動をしていた女性に「明日は行けない」と告げていたと指摘し、事件の計画性を強調した。

 午前の冒頭陳述などでは、渋谷被告の軽乗用車のマットに付着した血液からリンさんのDNA型を検出し、遺体の腹部から、リンさんと被告の二人のDNA型を検出したなどとする証拠を挙げ、「軽乗用車内で殺害した」と主張した。

 一方、渋谷被告は罪状認否で「検察官の主張は全て架空で捏(ねつ)造」などと主張。弁護側は冒頭陳述でDNA型鑑定結果について「捜査機関が渋谷さんのDNAを入手し、犯人のものとして鑑定した可能性があるのでは」と述べ、信用性に疑問を呈した。軽乗用車内の血液は、リンさんが事件前に乗った際に膝をすりむくなどして付いた可能性があるとした。

 検察側は証拠調べで、昨年三月二十四日夕、リンさんのランドセルなどが見つかった河川敷近くを軽乗用車が走っている防犯カメラの画像を、法廷内の大型スクリーンに映した。

 弁護側は、被告の車からリンさんの指紋が検出されず、遺体遺棄現場に被告の足跡もなかったと主張。「DNA型鑑定の他に証拠はない。犯人と断定できるのか」と強調した。

 起訴状によると、昨年三月二十四日朝、松戸市の自宅から登校中のリンさんを軽乗用車に乗せて連れ去り、首を圧迫するなどして殺害し、同日、同県我孫子市の排水路脇に遺棄したとされる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報