東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

目黒虐待死、両親を逮捕 保護責任者遺棄致死疑い

 東京都目黒区のアパートで今年三月、女児(5つ)が父親に殴られた後に死亡した事件で、警視庁捜査一課は六日、保護責任者遺棄致死の疑いで、目黒区東が丘一、父親の船戸雄大(33)=傷害罪で起訴=と、母親の優里(ゆり)(25)の両容疑者を逮捕した。

 逮捕容疑では、一月下旬以降、長女の結愛(ゆあ)ちゃんに十分な食事を与えず、虐待の発覚を恐れ、医師の診察を受けさせずに放置。低栄養状態で肺炎になった結愛ちゃんを死亡させたとされる。一課によると、二人とも「間違いない」と容疑を認めている。

 船戸容疑者は三月二日午後六時ごろ、「娘が数日前から食事を取らず吐いて、心臓が止まっているようだ」と一一九番。結愛ちゃんは同日夜、搬送先で死亡が確認された。

 一課は三日、船戸容疑者を傷害容疑で逮捕。結愛ちゃんの頭と顔が腫れ、栄養状態も悪かったため、日常的な虐待があったとみて詳しく調べていた。

 家族は今年一月、目黒区に転入。転居前の香川県では、児童相談所が虐待の疑いを把握し、結愛ちゃんを二度、一時保護していた。県警も船戸容疑者を二度、傷害容疑で書類送検(不起訴)していた。

 転居後、目黒区を管轄する品川児相が書類を引き継ぎ家庭訪問したが、結愛ちゃんの状況を確認できなかった。結愛ちゃんは船戸容疑者の実子ではなかった。

◆ノートに女児の悲鳴 あしたはできるようにするから

 「パパ、ママ。もうおねがい ゆるして」。船戸容疑者のアパートからは、結愛ちゃんが起床時間や体重などを記した大学ノートが見つかった。一課によると、ノートには覚えたての平仮名で、親に何度も許しを請う文章がつづられていた。

 結愛ちゃんは、目黒区に転入後、五歳児が一日に摂取する平均千二百五十キロカロリーの二割程度の二百〜三百キロカロリーしか与えられていなかった。体重は五歳児平均の六割ほど。栄養失調で一二・二キロしかなかった。

 両親とは別の部屋で寝るように言われ、自分で目覚まし時計をかけて毎日午前四時ごろに起床。船戸容疑者は「しつけ」として、結愛ちゃんに毎日、起床時間と体重を大学ノートに書かせていた。

 ノートには「はをみがいた」「とけいをみてじかんをかきました」などと平仮名で書かれていた。だが、そのほとんどは、親に許しを請う内容だった。

 結愛ちゃんは今春、小学校に入学予定だった。捜査幹部は、結愛ちゃんが書いた文章を涙ながらに読み上げた。 (木原育子)

    ◇

 結愛ちゃんがつづった文章は次の通り。

 (日付不明)もうパパとママにいわれなくても しっかりと じぶんから きょうよりかもっともっと あしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします ほんとうにもうおなじことしません ゆるして

 (日付不明)きのうぜんぜんできてなかったこと、これまでまいにちやってきたことをなおす 

 これまでどんだけあほみたいにあそんだか あそぶってあほみたいだからやめるので もうぜったい、ぜったいやらないからね わかったね ぜったいのぜったいおやくそく

 あしたのあさは きょうみたいにやるんじゃなくて もうあしたはぜったいやるんだぞとおもって いっしょうけんめいやってパパとママにみせるぞというきもちでやるぞ

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報