東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

目黒虐待死 5歳女児悲痛な叫び

 「パパ、ママ。もうおねがい ゆるして」。東京都目黒区のアパートで三月、父親に殴られた後に死亡した船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5つ)は、覚えたての平仮名で両親に許しを請う文章をノートにつづっていた。栄養失調で体重が一二・二キロしかなく、五歳児平均より七キロも少なかった。

 警視庁捜査一課は六日、保護責任者遺棄致死の疑いで父親の船戸雄大(33)=目黒区東が丘一、傷害罪で起訴=と母親の優里(ゆり)(25)の両容疑者を逮捕した。容疑を認めているという。

 一課によると文章は大学ノートに鉛筆で書かれていた。結愛ちゃんは、雄大容疑者から平仮名を書く練習をさせられていた。毎朝午前四時ごろに起床しノートに起床時間と体重も書かせられていた。

◆結愛ちゃんがつづった文章

 (日付不明)もうパパとママにいわれなくても しっかりと じぶんから きょうよりかもっともっと あしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします ほんとうにもうおなじことしません ゆるして

 (日付不明)きのうぜんぜんできてなかったこと、これまでまいにちやってきたことをなおす 

 これまでどんだけあほみたいにあそんだか あそぶってあほみたいだからやめるので もうぜったい、ぜったいやらないからね わかったね ぜったいのぜったいおやくそく

 あしたのあさは きょうみたいにやるんじゃなくて もうあしたはぜったいやるんだぞとおもって いっしょうけんめいやってパパとママにみせるぞというきもちでやるぞ

※警視庁捜査1課が公表した全文。1月以降に書かれたとみられる

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報