東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

死亡男性、女性かばう 新幹線切り付け 傷数十カ所

神奈川県警小田原署から送検される小島一朗容疑者=11日午前、神奈川県小田原市で(嶋邦夫撮影)

写真

 神奈川県内を走行中の東海道新幹線車内で乗客三人が殺傷された事件で、死亡した男性は、襲われた女性二人を助けようとしてなたで切りつけられ、傷は首など数十カ所に上ることが県警小田原署への取材で分かった。署は、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した無職小島一朗容疑者(22)=愛知県岡崎市蓑川町=が乗客を無差別に襲ったとみて、十一日に容疑を殺人に切り替えて送検した。 

 署によると、死亡した男性は兵庫県尼崎市潮江五、会社員梅田耕太郎さん(38)。首に致命傷とみられる長く深い傷があったほか、胸や肩など数十カ所を切られていた。他に二十七歳と二十六歳の女性二人が頭や肩などを切られて病院に搬送されたが、いずれも軽傷。

 送検容疑は九日午後九時四十五分ごろ、新横浜駅を発車して間もなくの東京発新大阪行きのぞみ265号の車内で梅田さんになたで切り付け、殺害したとされる。「むしゃくしゃしてやった。誰でも良かった」と供述している。

 小島容疑者と被害者三人は十二号車に乗車。小島容疑者は二人掛け席の通路側に座り、右隣の窓側にいた女性と、通路を挟んで左隣にいた女性を襲った。二列後ろの席にいた梅田さんが女性をかばおうと止めに入り、切られた。事前に言い争いなどのトラブルはなく、面識もないという。

 凶器のなたのほか果物ナイフも見つかり、署は複数の刃物を用意して計画的に犯行に及んだとみている。

 小島容疑者は「事件当日に長野から来て、東京駅で新幹線に乗った。これまで数カ月、長野市周辺で野宿などしていた」と供述しているという。

 親族によると、以前から「死にたい」と漏らしていて、半年ほど前から家出をしていたという。

 JR東海によると、のぞみ265号は九日午後九時二十三分に東京駅を出発。同四十七分ごろ、車内で非常ブザーが鳴りいったん緊急停止した後、小田原駅(神奈川県小田原市)に移動した。同駅でけが人を降ろすなどした後、三島駅(静岡県三島市)に移動。乗客は別の車両に乗り換え、十日未明に目的地へ向かった。署は同日、三島市のJR東海の車庫で車両の現場検証をした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報