東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新幹線殺傷 無言のまま襲撃 小島容疑者「なた、長野で買った」

神奈川県警小田原署から送検される小島一朗容疑者=11日午前、神奈川県小田原市で(嶋邦夫撮影)

写真

 神奈川県を走行中の東海道新幹線で乗客三人が殺傷された事件で、殺人容疑で十一日に送検された愛知県岡崎市蓑川町、無職小島一朗容疑者(22)が県警小田原署の調べに「(凶器の)なたと果物ナイフは長野で買った」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。

 なたは、小田原駅(神奈川県小田原市)に臨時停車して署員が取り押さえた際に、小島容疑者の足元に落ちており、近くで果物ナイフも発見された。レシートは見つかっておらず、署は購入した場所や時期の特定を急ぐ。

 事件は九日午後九時四十五分ごろ発生。東京発新大阪行きのぞみ265号が新横浜駅を出発後間もなく、十二号車の二人掛けの通路側座席にいた小島容疑者が突然立ち上がり、右隣の窓側の女性(27)と、通路を挟んで左隣に座っていた女性(26)を、無言のまま、なたで襲い始めた。

 その後、二人をかばおうと止めに入った兵庫県尼崎市潮江五、会社員梅田耕太郎さん(38)に切りかかり、異変に気付いて駆け付けた車掌に制止されても犯行をやめなかった。馬乗りになって切り付け続け、梅田さんは死亡。傷は首や肩、胸など数十カ所に及んだ。

 司法解剖の結果、死因は首を切られたことによる失血死と判明した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報