東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

梅田さん、転倒しても立ち向かう 新幹線殺傷で犠牲、女性2人救う

 東海道新幹線で乗客の男女三人が殺傷された事件で、殺害された会社員梅田耕太郎さん(38)=兵庫県尼崎市=が最初に襲われた女性を助けようと無職小島一朗容疑者(22)=殺人容疑で送検=の方へ向かい、一度転倒してもすぐに起き上がって犯行を止めに入った結果、二人の女性が深刻な被害をまぬがれたことが捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、小島容疑者は九日午後九時四十五分ごろ、列車が新横浜駅を出て間もなく、無言で立ち上がり、右隣の席の女性(27)に切りかかろうとした。二列後ろの席にいた梅田さんが異変に気付いて立ち上がり、後ろから近づいて動きを制止。その隙に女性は腰をかがめながら小島容疑者の脇をすり抜けて後方に逃げた。

 梅田さんはこの時、小島容疑者ともみ合いになり転倒。もう一人の女性(26)が襲われている時に再び立ち向かい、その間にこの女性も逃げることができた。小島容疑者はその後、梅田さんを襲い、馬乗りになってなたで首や胸などに切り付けて殺害した。女性二人は軽傷だった。

 また、神奈川県警小田原署の調べで、梅田さんの足に果物ナイフによるものとみられる傷があることも分かった。小島容疑者は「なたと果物ナイフは犯行に使うために買った。果物ナイフも凶器として使った」と供述。署は容疑を裏付けるため、十三日にも小島容疑者の愛知県岡崎市の自宅を捜索する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報