東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

前伊東市長 1000万円収賄か 土地取得巡り 警視庁、容疑で捜査

佃弘巳 前伊東市長

写真

 静岡県伊東市が取得したホテル跡地を巡り、売り主だった市内の不動産業者から現金約一千万円を受け取った疑いが強まったとして、警視庁捜査二課が収賄の疑いで、佃弘巳・前市長(71)を近く本格捜査する方針を固めたことが十三日、捜査関係者への取材で分かった。

 伊東市などによると、リゾートホテルの運営会社が廃業した後、不動産業者が二〇一四年十月、約四千平方メートルの跡地を競売で取得。市は一五年七月、不動産業者から二億五百万円で購入した。

 捜査関係者によると、この取引に絡み、当時現職だった佃前市長が業者から約一千万円を受け取った疑いが持たれている。二課は、市が跡地を購入することの見返りだったとみている。

 市は市議会で、生涯学習施設の建て替えを視野に「建設用地を先行取得する」と説明していた。しかし、建設計画は進まず、近くの公共施設の駐車場として使われている。

 佃前市長は今年三月下旬、本紙の取材に対し、「知り合いの業者が(跡地を)落札したと知り、周囲の土地の価格を調べ、(業者に)値段を下げてもらった」と取得の経緯を説明。業者からの賄賂については「絶対にない。土地の売買は事務的にやった」と否定した。

 佃前市長は伊東市議、静岡県議を経て〇五年五月、市長に初当選し、一七年五月まで三期十二年務めた。県市長会や東海市長会の会長なども歴任した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報