東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

静岡女性遺体 「金目的で男に頼まれた」 監禁容疑の2人供述

 静岡県藤枝市の山中で浜松市浜北区の看護師内山茉由子さん(29)の遺体が見つかった事件で、浜松東署捜査本部は十四日、監禁容疑で既に逮捕しているのは、住所不定の無職伊藤基樹(28)と名古屋市天白区原一の無職鈴木充(42)の両容疑者だと明らかにした。捜査関係者によると二人は「金目的で他の男に頼まれて連れ去った」と供述している。

 逮捕容疑は五月二十六日午後六時ごろ、浜松市内のフィットネスクラブ駐車場で、女性看護師を車に押し込んで連れ去り、車内に監禁したとされる。県警によると監禁の容疑を認め、遺棄の関与は否定している。

 捜査関係者によると、二人はインターネットの掲示板で知り合ったとみられ、クラブ周辺の防犯カメラには、仲間とみられる別の男の姿が写っていた。県警は二人は従属的な役回りで、他に主犯格がいる可能性が高いとみている。

 また、女性看護師が押し込まれた車を追うように同一経路を走っていた別の車があったことも判明。この車は盗難車で、県警は両容疑者の仲間の車が一緒に走行していたとみており、犯行が発覚しにくいよう盗難車を使った可能性もあるとみて調べている。

 県警はこれまで、他に関わった人物の捜査に支障が出るとして、両容疑者を逮捕したことなどを公表していなかった。

 浜松東署捜査本部によると、遺体は六月九日に発見された。死後二週間ほどたち、目立った外傷はなく、死因は特定されていない。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報