東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

異音報告せず走行 山陽新幹線、人はねる

ボンネットの先端が割れた山陽新幹線ののぞみ176号=14日、JR新下関駅で

写真

 山陽新幹線博多発東京行きのぞみ176号(乗客約二百人)が、十四日午後二時前後に博多−小倉間で人をはねた。JR西日本は山口県下関市の新下関駅に停車させ、先頭車両の先端に割れを確認。車体には血痕のようなものが付着し、ボンネット内部から体の一部が見つかった。運転士は「ドン」という異常音を感知したが、過去に小動物に当たった経験から、今回も同様の衝撃音と考え、運行を継続したという。

 福岡県警によると、北九州市八幡西区の線路内で衣類の一部が見つかり、約二キロ博多寄りの線路上で体の一部が発見された。体の一部が見つかった線路の高架近くの路上で無人の軽乗用車が発見された。周辺には線路に入るためのはしごや作業用階段があり、県警は侵入箇所の特定を進める。

 石井啓一国土交通相は十五日の会見で、運転士が異常音を聞きながら、運転指令に報告せず、運行を続けていたことを明らかにした。「判断が適切だったのか。なぜ報告しなかったのか。JR西日本に検証を指示した」と述べた。昨年末の台車亀裂問題に続き、安全対策が問われそうだ。JR西は十五日午後、大阪市の本社で記者会見する。

 国交省によると、JR西は内規で、走行中に異常音がした場合、運転指令への報告が必要と定めている。

 JR西によると、先頭の16号車のボンネット先端が割れていた。のぞみ176号は十四日午後一時五十分すぎに博多駅を出発。小倉駅で擦れ違ったみずほ615号の運転士が気付き、同二時十分ごろ連絡した。

 割れたのは連結器を覆うカバー。車体はアルミ合金製だが、カバーは取り外ししやすいように、金属に比べて軽い「炭素繊維強化プラスチック」が使われている。運転士が運転台に座って前方を向いている場合は見えない位置にあるとみられる。発生現場の特定作業などに伴い、山陽新幹線は博多−広島間の上下線で同日の運転は取りやめとなった。東海道、九州新幹線にも遅れなどの影響が出た。

 JR西は十五日、山陽新幹線の運転を始発から再開した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報