東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

静岡遺体 拉致前に浜松駅で合流か 男ら防犯カメラに写る

 静岡県藤枝市の山中で、浜松市浜北区寺島、看護師内山茉由子(まゆこ)さん(29)の遺体が見つかった事件で、逮捕監禁の疑いで逮捕された容疑者とみられる男らが、JR浜松駅周辺の防犯カメラに写っていたことが、捜査関係者への取材で分かった。時間は内山さんが自身の車ごと連れ去られる前で、浜松東署捜査本部は足取りなどを調べている。

 事件で逮捕されたのは、住所不定、無職伊藤基樹(28)と、名古屋市天白区原、無職鈴木充(42)の両容疑者。捜査本部は、容疑者が鉄道を利用してJR浜松駅を訪れて落ち合った後、浜松市中区のフィットネスクラブに向かい、女性看護師を連れ去ったとみている。

 捜査関係者によると、女性看護師のスマートフォンの衛星利用測位システム(GPS)が連れ去られた日の夜に途絶えていたことも判明。遺体が遺棄された現場周辺などを捜索したが、スマートフォンは見当たらず、財布も見つからなかった。

 捜査関係者によると、両容疑者は、インターネット上の掲示板を通じ初めて出会った。両容疑者は「金目的で他の男に頼まれて連れ去った」と供述。一方で遺棄や死亡の経緯は「知らない」と話しており、捜査本部は、ほかに主導者がいる可能性が高いとみて調べている。

 捜査本部によると、女性看護師は五月二十六日午後六時ごろ、フィットネスクラブ駐車場で車ごと連れ去られた。六月九日午後、土の中に埋められた状態で遺体が見つかった。死後二週間ほどたち、目立った外傷はなく、死因は特定されていない。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報