東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

児童虐待「政治は取り組みを」 エッセイストら署名呼び掛け

犬山紙子さん

写真

 東京都目黒区で五歳の女児が死亡し、保護責任者遺棄致死の疑いで父親らが逮捕された事件を受け、イラストエッセイストの犬山紙子さんやミュージシャンの坂本美雨さん、タレントの真鍋かをりさんらが、虐待を食い止める力になろうと会を結成、活動を始めた。

 会の名前は「こどものいのちはこどものもの」。会名のハッシュタグ(検索目印)とともに思いを表明し、虐待防止策を求めるインターネット署名を呼びかけ、国や自治体などに取り組みの強化を求めていく。

 「#児童虐待問題に取り組まない議員を私は支持しません」。犬山さんは事件が報じられた後、いてもたってもいられず、会員制交流サイト(SNS)で検索しやすいようにハッシュタグを作り、賛同を呼びかけた。その後作った「#ひとごとじゃない」と併せ反響は大きく、「自分に何ができるのかを考えている多くの人の声を可視化することが大切と感じた」という。

 「児童虐待はなかなか政治のテーマにならなかった。今こそ根本的な解決のため、対策に予算を付けるよう国に求めたい」。犬山さんの呼び掛けに、坂本さんや真鍋さん、タレントの福田萌さん、ファッションデザイナーのファンタジスタさくらださんも賛同し、五人で会を立ち上げた。

 五人は十四日から署名サイト「change.org」で始まった署名の共同発起人にも名を連ね、児童相談所の機能強化など総合的な対策への賛同を呼びかける。 (小林由比)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報