東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

東北新幹線6時間不通 停電で緊急停車 15万人に影響

東北新幹線が一時運転見合わせとなり、駅員に状況を確認する人たち=17日午後8時10分、JR東京駅で

写真

 十七日午後一時五十六分ごろ、東京発新函館北斗・秋田行き東北新幹線はやぶさ・こまち21号(十七両編成)が宮城県内の仙台−古川間を走行中に停電が起き、非常ブレーキが作動し緊急停車した。ほかの列車も立ち往生し、上下線で運行を約六時間停止した。このほか秋田、山形、上越、北陸の各新幹線など二十四本が運休、計百五十二本に最大約五時間二十分の遅れが出るなどダイヤが大きく乱れ、約十五万人に影響が出た。

 列車が停電で停止したことについてJR東日本はパンタグラフに何かがぶつかった痕跡があることを明らかにした。付近で鳥の死骸が見つかっており、鳥と衝突してショートした可能性がある。関連を調べている。

 JR東によると、車両には計約八百人が乗車していたが、けが人はいない。この列車の隣に上り新幹線はやぶさ22号(十両編成)を横付けし、乗客を移す対応を取った。

 22号は午後五時二十二分ごろ、仙台駅に到着。21号は、近くの車両基地に自力で移動した。

 仙台市内ではプロ野球の交流戦が行われており、試合終了後、新幹線に乗ろうとする人たちで仙台駅はごった返した。

◆復旧待つ乗客 疲れを隠せず

 JR東京駅の東北新幹線北乗り換え口は、床や階段に座り込んで再開を待つ人や、係員に説明を求める人らであふれた。

 単身赴任先の仙台へ戻ろうとしていた会社員の城戸理誠(まさなり)さん(50)は、翌日の出勤を控えて足止め。「もう三時間以上になる。携帯電話で情報収集しながら待っている」と疲れた様子。

 東京への日帰り旅行から帰宅途中の宮城県内の女性会社員(31)は「早く帰りたい。構内のアナウンスが少ない」と不満そう。運転再開の知らせに「疲れた」と苦笑いし「最近、新幹線はトラブルのニュースが多い」と不安を明かした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報