東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

松戸女児殺害 元保護者会長に死刑求刑 検察側「冷酷で悪質」

 千葉県松戸市立小学校三年生でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9つ)=が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた同小の元保護者会長渋谷恭正(やすまさ)被告(47)の裁判員裁判の論告求刑公判が十八日、千葉地裁であった。検察側は「保護者会長や見守り活動をし、児童を保護する立場にもかかわらず、無慈悲に殺害し、冷酷で悪質、残虐な犯行だ」として、死刑を求刑した。弁護側は改めて無罪を主張し、公判は結審した。判決は七月六日に言い渡される。

 検察側は論告で、被告の軽乗用車内から採取された血液からリンさんのDNA型が検出されるなどしたDNA型鑑定について「被告やリンさんのDNAを混入した状況はなく、不正はない」と指摘。被告が無罪を主張している点を重視し「被告に反省の態度はない。異国の地で殺害されたリンちゃんの気持ちは察するに余りある」と述べた。

 被害者参加弁護士も被告の極刑を求めた。

 最終弁論で被告の弁護側は「(捜査員が)意図的にリンさんのDNAを混入した可能性があり、鑑定結果は信用できない」と指摘。「DNA型鑑定以外、被告を犯人とする証拠はなく、犯人とは断定できない」として、無罪を主張した。

 渋谷被告は最終意見陳述で「無実、無罪です。捜査員が架空の事実を述べ、証拠を捏(ねつ)造したことは腹立たしく、やっていないことをやっていないと言ってはいけないのか」と述べた。 

 論告などによると、昨年三月二十四日朝、松戸市の自宅から登校中のリンさんをわいせつ目的で軽乗用車に乗せて連れ去り、首を圧迫するなどして殺害。同日、千葉県我孫子市の排水路脇に遺棄したとされる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報