東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

大阪で震度6弱 女児1人、80代2人死亡 M6.1 壁倒壊、閉じ込め多数

地震で陥没し、水があふれ出す道路=18日午前10時29分、大阪府高槻市で、本社ヘリ「おおづる」から(浅井慶撮影)

写真

 十八日午前七時五十八分ごろ、大阪市北区、大阪府高槻市、枚方市、茨木市、箕面市で震度6弱の地震があった。大阪府で三人が死亡、けが人は兵庫、京都、三重、滋賀も含め二百人以上になった。交通網もまひした。気象庁によると、震源地は大阪府北部で、震源の深さは約一三キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・1と推定される。大阪府で震度6弱を観測したのは観測態勢が整った一九二三年一月以降、初めて。

 大阪府災害対策本部や警察などによると、高槻市立寿栄(じゅえい)小でプールのブロック塀が約四十メートルにわたり道路側に倒れ、四年の女児(9つ)が巻き込まれて死亡した。通学途中だったとみられる。大阪市東淀川区では安井実さん(80)がブロック塀の倒壊で死亡。茨木市の住宅で八十代男性が本棚の下敷きになり、病院に搬送されたが間もなく死亡した。

 総務省消防庁などによると、大阪府のけが人は百八十四人で、うち大阪市は百十七人に上った。兵庫県十一人、京都府四人、滋賀県一人。また三重県は、県内で二人がけがをしたと発表した。

 高槻市では住宅火災が発生し、水道管が破裂した。消防庁によると、火災の一一九番は大阪、兵庫両府県で計二十件あった。

写真

 東海道、山陽新幹線は一部区間の上下線、関西の鉄道各社は全線で運転を見合わせた。駅には通勤通学客があふれた。関西電力によると、大阪府と兵庫県の計十七万戸余りで停電が発生。大阪市や京都市、奈良県でエレベーターに閉じ込められる人が相次いだ。

 政府は首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置。安倍晋三首相は官邸で「早急に被害情報の把握に努める」と述べた。

 各地の震度は次の通り。

 震度6弱=大阪北、高槻郡家本町、枚方、茨木、箕面粟生(大阪)▽震度5強=亀岡和久成、長岡京、八幡、大山崎、久御山(京都)大阪都島、大阪東淀川、大阪淀川、豊中曽根南、豊中、吹田、高槻、高槻消防、寝屋川、箕面、摂津、交野、島本(大阪)

 ◇ 

 JR東海によると、東海道新幹線は午後零時五十分、全線で運転を再開した。

地震の影響で傾いた駅ホームの電光掲示板=18日午前8時、大阪府茨木市の阪急京都線茨木市駅で(乗客提供)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報