東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「息子の勇気に心揺さぶられた」 新幹線殺傷 遺族がコメント

 東海道新幹線で九日、乗客三人が殺傷された事件で、死亡した会社員梅田耕太郎さん(38)=兵庫県尼崎市=の妻と両親が十八日、弁護士を通じて「私にとって、世界一優しい夫でした」とコメントを発表した。弁護士によると、梅田さんの通夜と葬儀は十五、十六日に家族で執り行われた。

 妻は二人がともに旅行好きだったとし、「私が行きたいところを考えて、夫が旅行プランをつくって、いろいろなところに出かけました」と紹介。「たくさんの優しさと愛をありがとう、安らかに眠ってくださいと伝えたい」とつづり、「このような悲しい事件が二度と起こらない社会になることを強く願います」と訴えた。

 両親は「息子がいなくなったことが信じられません。胸の張り裂けそうな悲しみと喪失感に、ただただ涙が流れるばかりです」と心境を語り、「このような事件に遭遇してしまったことが本当に悔しく無念でなりません。目の前の危機に手を差し伸べずにいられなかった息子の勇気に、わが子ながら心を激しく揺さぶられております」と記した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報