東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

加計氏、首相と面会「記憶も記録もない」 問題発覚後初の会見

加計学園本部で記者会見する加計孝太郎理事長=19日午前、岡山市で

写真

 学校法人「加計(かけ)学園」の加計孝太郎理事長は十九日、岡山市の学園本部で記者会見し、愛媛県今治市での獣医学部新設を巡り、愛媛県文書に記載された二〇一五年二月の安倍晋三首相との面会について「記憶にも記録にもない」と述べ、否定した。一方、学園側が県に誤った情報を伝えたとして「多大な迷惑をかけた」と謝罪した。

 加計氏は監督責任を取り、給与の一部を自主返納すると明らかにしたが、理事長職は続投する意向を示した。加計氏が取材に応じたのは、一連の問題発覚後初めて。

 加計氏は、国家戦略特区を活用した学部新設の申請に「問題はなかった」と強調。自身を「腹心の友」と呼ぶ首相との関係について「何十年来の友達だが、仕事のことを話すのはやめようというスタンスで会っている」と説明。「総理と仲が良かったことで、こういうことが起きたと思う」と述べ、学部新設を巡っては「連絡していない」と語った。

 国会招致については「私が決めることではない」とし、愛媛県への謝罪に「許されるなら行きたい」と語った。学園は県に誤った情報を伝えたと認めた渡辺良人事務局長を減給10%(六カ月)の処分とした。加計氏は給与の10%を一年間、自主返納する。加計氏は「事を前に進めるためと報告を受けた」と話し、自らの指示は否定した。

 菅義偉官房長官は十九日、会見について「コメントする立場にない」と述べた。

 学園が政府の特区を活用して計画し、昨年十一月に認可された学部新設に関し、「総理の意向」「官邸の最高レベルが言っている」などと書かれた文書が見つかった。愛媛県は今年五月二十一日、首相が加計氏と面会し、学部新設に関して説明を受けたとする学園側の報告に基づいた文書を国会に提出。学園側は同二十六日、面会はなかったとのコメントを発表した。

 渡辺事務局長は同三十一日、愛媛県庁を訪問し、県文書の記載内容に関し「学部を何とか形にしたくて、私が(面会したと)言ったのだと思う」と述べ、県側に謝罪したが、同県の中村時広知事は加計氏が記者会見を開いて説明するよう求めていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報