東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

路上で切られ小4重傷 静岡の学校侵入容疑で18歳逮捕

 十九日午後三時五十分ごろ、静岡県藤枝市高洲の路上で、「男の子が血を流して倒れている」と通行人から一一九番があった。藤枝署などによると、倒れていたのは市立高洲南小学校四年の男児(9つ)で、頭頂部に刃物で切り付けられたとみられる二十センチの傷があり、重傷。病院に救急搬送され、手当てを受けた。

 一一九番と同じころ、現場から約三百メートル南の同小から「学校に不審者がいる。取り押さえている」と一一〇番があった。藤枝署は、小学校敷地内の通用門付近で複数の教職員に取り押さえられていた不審者を、建造物侵入の疑いで現行犯逮捕した。署によると、逮捕されたのは自称藤枝市内に住む職業不詳の少年(18)。容疑を認めている。

 署は殺人未遂事件として捜査し、少年との関連を調べている。市教委によると、男児が倒れていた現場近くに刃物が落ちており、少年が取り押さえられた小学校敷地内に金づちのようなものが落ちていた。

 男児は集団下校中で、他の児童と二人で集団から約二十メートルほど離れて歩いていたところ、突然襲われたとみられる。近くにいた児童が小学校に戻り、教職員に助けを求めた。現場はJR藤枝駅から南東に約二キロ。学校近くには幼稚園や郵便局がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報