東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

静岡女性遺体発見事件 拉致主導?容疑者自殺か

 静岡県藤枝市の山中で浜松市の看護師内山茉由子(まゆこ)さん(29)の遺体が見つかった事件で、浜松東署捜査本部は十九日、内山さんを車ごと連れ去ったとして、逮捕監禁の疑いで逮捕状を取って行方を追っていた住所、職業不詳芥川豊史(あくたがわとよふみ)容疑者(39)=新潟県長岡市出身=が新潟市内で十五日に遺体で見つかったと発表した。捜査関係者によると、拉致を主導した疑いがあり、自殺とみられる。

 事件では同容疑で名古屋市天白区の鈴木充容疑者(42)と住所不定の伊藤基樹容疑者(28)が逮捕されている。両容疑者は従属的立場だったとみられ、捜査本部は、芥川容疑者が内山さんが死亡した経緯を知っていたとみている。ほかに事件に関与した人物がいないかを調べる。

 捜査関係者によると、芥川容疑者の遺体は十五日午前、新潟市内のビジネスホテルで従業員が見つけた。十四日夜に死亡したとみられる。近くに遺書があったという。

 捜査本部は十六日に内山さんに対する逮捕監禁容疑で芥川容疑者の逮捕状を取り、指名手配。十八日に新潟県警から同容疑者が死亡したとの連絡があった。

 三人は共謀して五月二十六日午後六時ごろ、浜松市中区のフィットネスクラブの駐車場で、内山さんの乗用車に内山さんを押し込めて発進し監禁した疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、三人は互いに面識がなくインターネットの掲示板サイトを通じて知り合った。鈴木容疑者と伊藤容疑者はこれまでの調べで「別の男に金で頼まれて指示された」と供述している。

 捜査本部は十九日、情報提供を求めるフリーダイヤルを設置した。電=(0120)460331。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報