東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

京成「旧博物館動物園駅」 西洋風の荘厳なつくりの駅舎、一般公開へ改修

ペンギンの壁画が残る旧博物館動物園駅のホーム=東京都台東区で

写真

 東京・上野動物園に最も近い駅として親しまれ、一九九七年に営業を終えた京成本線「旧博物館動物園駅」の内部が十九日、報道陣に公開された。駅舎は、四月に鉄道施設として初めて「東京都選定歴史的建造物」に選定された。今秋、一部を一般公開する予定。

 旧駅は一九三三(昭和八)年、京成本線開通に合わせ、当時の東京帝室博物館(現東京国立博物館)、上野動物園の近くに開業。ホームは地下で、駅舎は鉄骨鉄筋コンクリート造平屋建て。場所が御料地(皇室の所有地)だったため、昭和天皇の勅裁を受けての建設となり、駅舎内外の意匠は西洋風の荘厳なつくりになった。利用者の減少で九七年に営業を休止、二〇〇四年、正式に廃止となった。

 報道公開では、東京芸大美術学部の伊藤達矢特任准教授が「時代の特徴を表している魅力的な建築様式」などと説明。駅のシンボル的存在だったホームのペンギンの絵(作者不明)や、切符を駅員が手売りしていた小屋などを京成電鉄のスタッフらが案内した。

 京成電鉄は、駅の近くの東京芸大と「連携・協力に関する包括協定」を昨年締結、大学側と旧駅の活用法などを協議している。一般公開に向けて、七月から傷みや汚れの改修工事に着手。鉄の扉を新設し、日比野克彦・美術学部長による上野の文化・芸術施設を表したデザインを使用する。 (井上幸一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報