東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

大阪北部地震 小4女児犠牲 ブロック塀、補強壁なし

写真

 大阪府北部の地震で高槻市の小学四年、三宅璃奈(りな)さん(9つ)の命を奪ったのは、違法建築のブロック塀だった。市は、市内を点検した結果、他にも学校周辺などに複数の違法建築のブロック塀があったことを会見で明らかにした。専門家は「耐震基準を満たさないブロック塀は全国各地にあり、早急な対策が必要だ」と話している。 (天田優里、深世古峻一)

 ブロック塀の耐震基準を定めているのは、建築基準法施行令。一九七一年の基準では、構造上の安全性が確認された場合を除き、高さは三メートル以下に限定されていた。倒壊した塀の下敷きになり十八人が死亡した七八年の宮城県沖地震を受け、八一年に改正。高さを二・二メートル以下に引き下げるなど、基準が厳格化された。強度補強のため塀に対して直角に建てる「控え壁」は、施行当初から規定されている。

 市によると、今回崩れたブロック塀は高さ一・九メートルの基礎の上に、一・六メートル分のコンクリートブロックを積み上げた高さ計三・五メートル。長さ四十メートルにわたって、積み上げたブロック全体が道路側に倒れた。

 七四年にできた基礎部分は、高さ三メートル以下という当時の基準を満たしていた。その後、時期は不明だが、ブロックが積み上げられて基準の高さを超えた。控え壁も設置されず、崩落に拍車を掛けた可能性がある。

 福岡大の古賀一八(かずや)教授(建築防災学)によると、二〇一六年の熊本地震で震度7の揺れを観測した熊本県益城(ましき)町で調査した結果、基準を満たしていないブロック塀が全体の約九割に上り、そのうちの七割以上が倒壊していた。古賀教授は「崩れやすいブロック塀は全国にある。各自治体が違法建築を見つけ、撤去を強く促す必要がある」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報