東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

沖縄きょう慰霊の日 前夜祭20万人の戦没者しのぶ

 太平洋戦争末期の沖縄戦で組織的な戦いが終わったとされる二十三日の「慰霊の日」を前に、沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園で二十二日、沖縄全戦没者追悼式の前夜祭が開かれた。七十三年前の地上戦に巻き込まれるなどした二十万人以上の戦没者を、遺族らが悼んだ。

 公園内の平和祈念堂前では午後七時すぎ、人々が平和を願う灯をともして黙とうした。公園にはろうそくが並べられ、「平和」の文字が浮かび上がった。

 沖縄戦で父親を亡くした那覇市の無職金城清文さん(77)は「人の命を奪う悲惨な戦争を二度と繰り返さないためにも恒久平和を追求していく」と、鎮魂の祈りをささげた。

 国籍や軍民を問わず沖縄戦の犠牲者らの氏名を刻む石碑「平和の礎(いしじ)」には今年、五十八人を追加。今回の追加と重複していた一人分の削除で、計二十四万一千五百二十五人となった。

 沖縄戦では米軍が一九四五年春、沖縄本島などに上陸。同年六月二十三日、旧日本軍の司令官が自決した。同公園では追悼式が二十三日午前十一時五十分から開かれ、安倍晋三首相や翁長雄志(おながたけし)知事が出席する予定。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報