東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「はれのひ」元社長逮捕 決算粉飾 融資金詐取の疑い

 今年一月の成人の日に振り袖販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市中区、破産)が突然営業を停止した問題で、粉飾した決算書類を銀行に提出して融資金をだまし取ったとして、神奈川県警は二十三日、詐欺の疑いで、同社社長だった篠崎洋一郎容疑者(55)を逮捕した。捜査関係者によると、大筋で容疑を認めている。

 篠崎容疑者は三月下旬から海外にいたとみられ、同日午後、米国から成田空港に到着したところ、県警捜査員に任意同行を求められた。逮捕容疑では、二〇一六年九月、経営状況が良いと誤解させて融資を受けようと、売り上げを約五千万円水増しして黒字に見せ掛けた一五年九月期の決算書類を県内の銀行に提出してだまし、柏店(千葉県柏市)の開店資金の名目で三千五百万円を融資させたとされる。金は別の費用の支払いに充てられたという。

 篠崎容疑者は一二年七月に横浜市に一号店を出店して振り袖の販売・レンタル業に乗り出し、一六年十一月の柏店まで計六店をオープン。しかし売り上げが伸びず、人件費などの経費がかさみ経営が悪化した。今年一月八日の成人の日に営業を停止し、横浜市や東京都八王子市で晴れ着を着られない新成人が相次いだ。

 篠崎容疑者は同二十六日に会見を開き、銀行から融資を受けるため決算を書き換えたことがあったか問われ「なかった」と主張。自社のホームページに売り上げを実際より多く記載していたことを認めたが「制作会社と私のミス。偽装ではない」と話していた。

 同社の破産管財人によると、負債総額は約十億八千五百万円。今年の成人式で着物を提供できなかった新成人は約二百十人(契約額約五千八百万円)で、来年以降の成人式に着物を提供できなくなったのは約九百二十人(同約二億八千七百万円)。同社にほとんど資産は残っておらず、顧客らへの返金は一切できないまま破産手続きを終えた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報