東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ITセミナー講師刺殺 福岡で容疑者逮捕 ネットトラブルか

男性が刺殺された現場付近を調べる福岡県警の捜査員ら=24日、福岡市中央区大名で

写真

 二十四日午後八時ごろ、福岡市中央区大名二の旧大名小学校内の施設で「人が刺された」と一一〇番があった。施設で開かれたIT関係のセミナーで講師をしていた会社員岡本顕一郎さん(41)=東京都江東区=が首や胸などをナイフのようなもので刺され、死亡した。福岡県警は二十五日、事件直後に交番に出頭した無職松本英光容疑者(42)=福岡市東区筥松一=を殺人と銃刀法違反の疑いで逮捕した。

 県警によると、松本容疑者は岡本さんのインターネット上での呼び名を示した上で「ネット上(のやりとり)で恨んでいた」とトラブルがあったことを示唆し、容疑を認めている。セミナーには参加せず、会場の外で待ち伏せ襲撃したとも話しており、県警は一方的に恨みを募らせ、計画的に殺害したとみている。

 逮捕容疑は二十四日午後八時ごろ、施設の一階トイレ付近で、岡本さんの首や胸などをナイフ(刃体約一六・五センチ)で複数回刺し、殺害したとされる。死因は出血性ショックだった。

 岡本さんはネットセキュリティー会社に勤務。二十四日のセミナーは施設一階であり、ネット上のトラブル対策などをテーマにしていたとみられる。終了直後、施設担当者が背中から血を流している岡本さんと刃物を持った男がトイレから一緒に出てきたのを目撃、通報した。県警は自転車で逃げた男の行方を追い、事件から約三時間後、松本容疑者が福岡市内の交番に出頭した。

 事件直後、ネット上に関与をほのめかし、出頭を予告する内容の書き込みがあり、県警は松本容疑者との関連を調べる。

 現場の施設は福岡市の繁華街・天神地区に隣接し、市などが起業支援の拠点として活用。校舎の一部に貸会議室やバーなどがある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】