東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

渡部直己教授 セクハラか 早大に元教え子申し立て

 文芸評論家としても知られる早稲田大大学院の渡部直己教授(66)からセクハラやパワハラの疑いがある発言を繰り返されたとして、教え子だった二十代女性が大学側に被害を申し立てたことが二十五日、関係者への取材で分かった。渡部氏は共同通信の取材に「相手の気持ちに寄り添った対応を怠ったことを猛烈に反省している」と話した。

 大学側は調査委員会を設置し事実関係の確認を進めている。女性は今春退学した。渡部氏は取材に対し、具体的な発言内容について「大学が調査しており、答えられない」と説明している。

 申立書や女性によると、女性は二〇一六年、早稲田大文学学術院に入学。渡部氏に授業の聴講を促され「俺が入学させてやった」などと言われた。その後も作家や作品の評価を巡り一方的にののしられるなどした。

 昨年四月には「作品をみてやる」と大学近くの飲食店に呼び出されたが、渡部氏は作品の講評はほとんどせずに「俺の女にしてやる」と複数回迫ったという。女性は別の男性教授に被害を相談したが、この教授は「面倒は起こしてほしくない」などと、学内のハラスメント窓口に通報しないよう口止めした。

 女性は取材に「嫌われると将来がなくなると感じ、ずっと我慢していた。本当に許せない」と訴えている。

 渡部氏は近畿大教授などを経て早稲田大大学院に着任。「中上健次論」「日本小説技術史」など多くの著書があり、文芸誌を中心に文芸批評で存在感を示してきた。昨年、江戸後期から近現代までの批評を総括した「日本批評大全」を個人編集、出版して話題となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報